レンタカー料金はこうやって決まる

様々なものがレンタルすることができますが、その費用はそれぞれで違いが大きいです。金額が安いものをレンタルするのであればそれほど大きな差はないですが、高いものをレンタルする場合は種類によっては金額に大きな差が出てきてしまい、どれを借りればいいか迷ってしまいます。そのようなとき、どのように金額が決められるのか知っておくことが大切です。それを知っておくことで、金額に違いがあっても理由を知っていることで納得することができます。レンタカーを借りるときも同じことが言え、どのように料金が決められているのか知っておくことが大切です。理由を知っていれば安く抑えたいのであればどうすればいいのか、また使いたいものはどのくらいの費用が掛かるのか大体の目安を立てることもできます。

車種によって金額が変わってきます

レンタカーを借りる時には、軽自動車やコンパクトカー、ミニバンやトラックなどさまざまな大きさの車があります。この車の種類によって、料金の違いが大きいです。これは軽自動車などの排気量が小さいものは安くなり、ミニバンなどの排気量の大きなものは金額も高くなります。車種などにこだわりがなく費用を抑えたい場合には軽自動車やコンパクトカーを利用し、費用は特に気にならず荷物を多く載せたい場合などはミニバンなどの大きなものを選ぶようにしましょう。また、中には格安で借りることができる業者もありますが、それらは中古車などを利用しているため安く抑えることができています。大手業者は新車などを使っているため、費用が高くなっているのでその点をよく把握して利用するようにしましょう。

どのくらいの時間借りるかによっても違います

レンタカーを借りるときには、利用時間毎の料金が設定されており、それにより費用が違ってきます。大手業者では6時間まで、12時間まで、24時間までで基本料金となり、24時間を超えた場合以後1日毎や1時間毎で、追加で費用が発生する仕組みです。このように利用する時間によってかかる費用が変わってくるので、気をつけて利用するようにしましょう。基本は車種と時間によって費用が決まりますが、そのほかにCDWやオプションの費用などが発生することになります。オプションとしてはチャイルドシートやスタッドレスタイヤ、トラックを借りた場合などは引っ越し用オプションとして荷台シートなどの追加がオプションです。自分がどのようにレンタカーを使用するのかきちんと把握して、オプションを選びましょう。