レンタカーで引っ越しをする際の料金

引っ越しの方法としては、引っ越しを請け負っている業者に依頼して行うものと自力で行うものがあります。引っ越し業者といってもピンキリで大手から零細までありますし中小の運送会社が個人的な依頼として行ってくれるところもあります。しかし、専門業者を使うとそれなりの費用を支払う必要があります。それなりの家具や家電を移動させる必要があるのであれば、専門業者に頼るのがベターですが、荷物が少なかったり、単身者といった場合には自力で引っ越しをする方が費用を安く済ませることができます。特にレンタカーでトラックを借りれば大型の家電や家具も運ぶことができますし、また乗り捨て制度を使えば往復のことを考えずに荷物を新しい住居に運び込むことができるメリットがあります。

トラックを借りるさいの料金について

レンタカーを借りるさいの料金としては、車両本体とガソリン代が必要です。オプションに免責補償やカーナビ、乗り捨てなどを付けることができ、それぞれお金が掛かります。一般的トラックとしては小回りがきく軽トラックが安くて便利です。少ない荷物であれば軽トラックで十分です。また2トントラック程度であれば乗用車とそれほど変わりませんから運転も簡単です。ただトラックは荷台がそのままですので、濡らしたくない場合などはバンを利用するのも方法です。料金としては軽トラックで、1日借りたとしても5千円から8千円前後です。2トン車でも1日あたり1万円から2万円程度で借りることができます。バンは業者によって差が大きく9千円前後から3万円前後です。いずれにしても商用タイプであれば安価で借りることができます。

借りるトラックの種類と賢い使い方は

レンタカーを借りるさいには、どの程度の荷物があるのかを予め計算しておくことが重要です。軽トラックで運べる量であれば、軽トラックを借りれば良いですし、それ以上であれば2トン車を借りる方が効率的です。またバンであれば雨に濡れる心配がないですし、荷台から落ちるということがないので、長距離を移動するのには向いています。また距離も重要です。遠距離になるほど何度も往復するということが困難です。大きい荷物だけトラックで運び、小荷物はマイカーで運ぶといった方法もあります。また全国展開しているレンタカー会社であれば、遠方の営業所に車を戻せば良い乗り捨てサービスを行っているところもあります。これを利用すれば戻ってくる必要がありませんから、引っ越しに掛かる交通費を浮かせることができます。