内定者研修を実施して現場の負担軽減を図ろう

怒濤の就職戦線がひと段落ついて内定者が確定した後も、会社の人事部の忙しさは終わりません。内定者を会社に迎え入れるために準備することが、非常に沢山あるからです。しかし、どんなに忙しくても、内定者を対象に一定のビジネス研修を実施することは、忘れないようにした方がいいでしょう。
内定者対象のビジネス研修は、新卒教育に特化したコンサルティング会社を利用すると、会社のニーズに合わせて適切な時間、内容のものを用意してくれるので大変便利です。入社に先立ち、内定者に対して必要最小限のビジネス研修を受けさせることにより、入社後彼らの指導に当たるマネージャーの負担を大幅に減らすことが可能になります。
現在では人手不足の中、プレイイングマネージャーとして業務過多気味の中間管理職が多いため、少しでも彼らの仕事を減らすことが出来る施策であれば、会社は積極的に取り入れるべきでしょう。顧客に対するメールの書き方一つ知らないような新卒者がチームに加わると、マネージャだけではなく、リーダークラスの先輩社員もつまらないことに時間と労力を割かれることになり、チーム全体の生産性がガタ落ちになります。研修は基本的には、外部の専門家にアウトソースする方が人件費も安く上げることが出来ます。コンサルによるビジネス研修、是非取り入れてみましょう。

内定者研修を実施して会社への帰属意識を醸成しよう

人手不足が続く日本では、会社は内定者が確定したからといって安心してはいられません。内定者は内定辞退という切り札を持っているからです。中途入社と違い、新卒の内定者は心構えとしてはまだまだ学生です。社会人になって働くという未知の世界について、いわれのない恐れや不安を持っている人は少なくありません。
そのような不安定な内定者に、社会人になる心構えと会社への帰属意識を持ってもらうためには、早期にビジネス研修を行うのが一番です。ビジネス研修は、会社によっては部門長や先輩社員による手作りで実施するところもあります。しかし、より適切な内容で効果が出る研修を実施するためには、新卒教育に特化したコンサルティング会社を利用する方が確実といえるでしょう。
外部の会社に社員教育をお願いする場合は、自社に関する詳細な情報をシェアした上で、会社のカラーやカルチャーに相応しい内容にカスタマイズしてもらうことが大切です。その際、研修を無事に修了した内定者に、どんな風に変わっていて欲しいか、そのゴールを明確にコンサルティング会社の担当者に伝えましょう。そうすることで、会社も、研修に参加する内定者も、納得の行く結果を出すことが出来るはずです。

POST LIST

2018年10月16日
内定者向けのビジネス研修は心に届くようなプログラムが必要を更新。
2018年10月16日
内定者に留まってもらえるような研修を企画するを更新。
2018年10月16日
入社に備えた内定者向けの研修で気をつけることを更新。
2018年10月16日
今の若者に合った研修を行うために必要な打ち合わせが重要を更新。
トップへ