内定者対象のビジネス研修を通じて会社に親しみを持ってもらおう

新卒の内定者が、会社という新しい環境になじむにあたり、1つ大きなネックになることは、コミュニケーションギャップです。まだ学生気分が抜けない新卒と、会社で既に何年も社会人生活を送ってきた社員とでは、何を一緒にするにしても意思の疎通がスムーズにいかない場合が珍しくありません。内定者を対象としたビジネス研修を実施する場合、そのカリキュラムの一環として、「伝わる話し方」といった内容を含めると、内定者も会社生活に溶け込みやすくなるでしょう。
内定者のためのビジネス研修は、新卒教育に特化したコンサルティング会社を利用すると、効率よく実効性のあるプログラムを作ることが出来るのでおすすめです。この手の研修サービスを提供しているコンサルティング会社は沢山ありますが、発注先としては、会社からのカスタマイズの要望に対して、積極的に提案を出してくれるところを選ぶといいでしょう。
ビジネス研修は、基本的なビジネスマナーに特化した出来合いのプログラムを持っている業者も多いですが、万人向けのプログラムをそのまま使っても、内定者の心に刺さりません。ビジネス研修プログラムには、ある程度、その会社らしさを盛り込むことで、内定者たちにも会社のことをより身近に感じてもらえます。

内定者のビジネス研修を行う時には

人事の仕事は、優秀な学生を採用すればそれで終わりという訳ではありません。ただ、とても優秀な人材であっても、初めて社会に出る学生はビジネスマナーなどが身についておらず、そのままでは戦力とならないことが殆どです。内定者が入社をした時にすぐに働ける状態を作りたいのであれば、入社前にビジネス研修を行っておく必要があります。
そんな研修で大切なことは、ただ必要なことを説明するのではなく、働く上で必要なビジネスマナーを身につけて貰うこと、そして入社や仕事に対するモチベーションを維持して貰うことが大切です。そんな内容にこだわったビジネス研修を行いたいのであれば、新卒教育に特化したコンサルティング会社を利用すると良いでしょう。
新卒教育に特化したコンサルティング会社では、内定者向けのビジネス研修も行っています。これまで数多くの内定者に対する研修を行ってきたコンサルティング会社であれば、ポイントを抑えたビジネス研修が可能です。更に、コンサルティング会社では企業に合わせた最適な研修を行って貰うこともできます。そのため、内定者を即戦力として育てることができる研修がしたいのであれば、コンサルティング会社の活用を考えておくと良いでしょう。

POST LIST

2018年10月16日
内定者向けのビジネス研修は心に届くようなプログラムが必要を更新。
2018年10月16日
内定者に留まってもらえるような研修を企画するを更新。
2018年10月16日
入社に備えた内定者向けの研修で気をつけることを更新。
2018年10月16日
今の若者に合った研修を行うために必要な打ち合わせが重要を更新。
トップへ