どうせなら有意義な研修を!内定者研修はプロに任せよう

内定者研修は社会に出る初めの一歩となる研修なので、内定者にとってはドキドキのイベントです。しかし、企業にとっても、入社前の内定者の方々に社会人として働く心構えを身に着けてもらう貴重な機会となります。一般的なビジネス研修でももちろんよいのですが、どうせ行うなら短期間で有意義なことが学べたほうが両者にとってのメリットになります。
内定者のうちは相手もまだ学生なので、入社までに時間があります。内定者研修で足りないと感じた点を入社するまでに補ってくれる学生もいるでしょう。入社してからではなく学生のうちから意識を高めておいてもらうことで、入社後のモチベーションアップにもつながります。そんな有意義な内定者研修を行うためには、やはり、新卒教育に特化したコンサルティング会社を利用するのが1番です。
とはいえ、これまで内定者研修を行ってきた会社は、独自のビジネス研修のノウハウもあると思います。いきなりコンサルティング会社に任せるのは勇気がいるかもしれませんが、相手は研修のプロなのでそのときの時代に合わせた研修をうまく行ってくれます。形骸化された研修を取りやめて、今の学生にあった研修を取り入れてみるのはいかがでしょうか。

内定者むけビジネス研修は細かな配慮が重要です

例年、多くの企業では10月に内定式が行われ、学生は4月入社まで残りわずかの学生生活を送ります。この間、学生側では学生生活を満喫したいという思いと、内定した会社で本当にいいのか、内定した会社でやっていけるのかという不安な思いが交差しています。
現在は学生側の売り手市場であり、そのままにしていればせっかく獲得した学生を失うことにもなりかねません。そのため内定者フォローは非常に重要なもので、中でも内定者向けのビジネス研修は大切かつ、とても気を遣わなければならないものです。携帯電話の普及やスマートフォンの高性能化で、電話の応対方法やPCの使い方等に不安を覚える若者もおり、そういった基本的なビジネスマナーを教えてもらうことは内定者にとっても嬉しいことです。また、ビジネス研修に参加することで会社の雰囲気も知ることができ、同じ内定者同士、先輩社員とのコミュニケーションも図ることができ、入社に対する不安を少しでも取り除くことができます。
しかし、入社までの間に学生生活を満喫したいという思いもあり、ビジネス研修を始めとする内定者フォローをやりすぎると、逆にブラック企業ではとの疑いを持たれます。失敗しないためには、新卒教育に特化したコンサルティング会社を利用し、彼らの豊富な知識によるアドバイスをもらいながらビジネス研修を企画していくことが得策です。

POST LIST

2018年10月16日
内定者向けのビジネス研修は心に届くようなプログラムが必要を更新。
2018年10月16日
内定者に留まってもらえるような研修を企画するを更新。
2018年10月16日
入社に備えた内定者向けの研修で気をつけることを更新。
2018年10月16日
今の若者に合った研修を行うために必要な打ち合わせが重要を更新。
トップへ